平成28年度福井市中学校能楽教室

2016年11月15日(火)・16日(水)
ハピリンホール能舞台


11月15日(火)・16日(水)の両日、JR福井駅西口にこの春オープンしたハピリンホール能舞台にて、平成28年度福井市中学校能楽教室が開催され、市内の主に中学2年生約2,300人が参加。生徒代表による面(おもて)をつけて舞台を歩く体験や、お囃子の楽器体験のあと、能(羽衣)・狂言(柿山伏し)を鑑賞しました。当フォーラムでは市から委託を受け、企画運営のコーディネートを行っています。

老朽化による福井市民福祉会館の機能停止に伴い、その4階にあった能楽堂はハピリンホールに移築され、今回は新しい能舞台での初めての鑑賞教室となりました。新しい施設にワクワクしながらやってくる中学生の姿がなんとも微笑ましかったです。

LINEで送る