第14回芸文いこさ寄席

2016年2月28日(日) 
15:00開演 (13:30開場)
福井市文化会館(ホール)

 


”新生いこさ寄席”として、今年からイキのいい若手中心の番組にリニューアルしました。

オープニングには、小学生の子どもたちが小ばなしを披露。いこさ寄席の1ヶ月前に、出演者でもある春雨や雷太さんから小ばなしの作り方を習い、稽古を経て、当日はいこさ寄席と同じ舞台で堂々と発表してくれました。どの子どもたちも、終わった後は満面の笑みを見せてくれました。

いこさ寄席本編では、勝山市出身の春本小助さんがコンビとしては福井に初お目見え。たくさんの大技を見せてくれました(会場にはお母さんやおばあちゃんの姿も)。今回は二席披露してくれた、笑福亭たま師匠。昨年のいこさ寄席も大爆笑の高座でしたが、今年も爆笑に次ぐ爆笑。からだを揺らしながら笑っているお客様や、涙が出るほど笑っているお客様もあちらこちらに。アンケートでは本当に温かいお言葉の数々をいただき、うれしい気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。

今回の演目
一、時そば 春雨や雷太
一、紙切り 林家楽一
一、鉄砲勇助 笑福亭たま
仲入り
一、太神楽曲芸 丸一小助・小時
一、ちしゃ医者 笑福亭たま


事業の詳細はこちら