地域とアーティストとの共同制作舞台「それはかつてあった」

2013年12月14日(土)・15日(日)
福井市文化会館(ホール舞台上)

福井に暮らす人々17名とアーティストによる共同制作舞台作品

福井市文化会館を拠点に舞台芸術事業の企画運営を行う福井芸術・文化フォーラムが、このたび初の本格的な舞台作品づくりに取り組みます。今回の創作をきっかけに、多くの市民やさまざまなアーティストが集い、交わり、表現を育むプラットフォームとなることを目指します。


今回、福井に住む17歳~74歳までの年齢もバラバラな17人と作品創作を進めながら、あるいはいくつかの対話を重ねながら、困惑しているという事を正直に告白する。17歳には17年分の、74歳には74年分の記憶がその人には内蔵され、その一日一日が今の彼(彼女)らを形作っている。今回の出演者たちの生きた時間を合計すると710年になる。途方もない。 ぼくの困惑は、おそらくこの途方もなさから来ている。この710年という時間が17人の身体として、記憶の総体として今、ぼくの目の前に立っている。生きている人の姿を目の当たりにするという事は、かつて生まれ、そしていつか死んでゆくという事実に触れるという事だ。710 年という時間はこの事実の隙間に潜り込み、霧散し、かつて一度もなかった時間として現れはじめる。演劇の時間が始まるのはその瞬間からだ。(相模友士郎)

相模友士郎プロフィール


構成・演出:
相模友士郎

出演:
伊藤誠一、今村嘉宏、内田地加王、古家早由里、佐分利頌子、島村紗也加、髙木克昭、高木めぐみ、滝口文子、田中陽介、辻千明、畑謙治郎 、林真穂、前川和花奈、前田浩貴、三反崎康子、村上義則

 

照明:吉本有輝子(真昼)
音響:齋藤学
映像:山田晋平(青空)
舞台監督:大鹿展明

演出助手:濱見彰映(福井芸術・文化フォーラム)
制作:荒川裕子(福井芸術・文化フォーラム)、中埜浩之(福井芸術・文化フォーラム/bound)


日時:
2013年12月14日(土)・15日(日)

12月14日(土) 19:00
12月15日(日)  13:00  17:00

*開場は開演の30分前。
*開演後のご入場を制限させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

☆各回終演後、演出家によるトークがございます。
12/14(土) 19:00  相模友士郎 × 中埜浩之(福井芸術・文化フォーラム事務局長)
12/15(日) 13:00  相模友士郎 × 藤島高校演劇部
12/15(日) 17:00  相模友士郎 × 出演者(聞き手:飴田彩子)

会場:
福井市文化会館 (ホール舞台上)
所在地 福井市春山2-7-1
電話 0776-20-5010


チケット料金(税込):
[日時指定・全席自由・整理番号付き]
前売一般1,800円(当日2,000円)
前売学生800円(当日1,000円)
フォーラムメイト1,500円

※学生券は当日学生証提示。
※フォーラムメイト割引は前売・フォーラム事務所のみ取扱。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

◎チケットについて詳しくはこちらをご覧ください
◎フォーラムメイトについて詳しくはこちらをご覧ください

チケット前売開始:
2013年11月1日(金)

チケット取扱:
【窓口・電話】
福井芸術・文化フォーラム事務所(福井市文化会館内)
電話 0776-23-6905(月~金10:00~18:00/土日祝休)

【窓口】
福井市文化会館事務所(福井市民福祉会館内)
響のホール
ハートピア春江

【WEB】
カンフェティ

お問い合わせ:
福井芸術・文化フォーラム
電話 0776-23-6905 (月~金10:00~18:00/土日祝休)


相模友士郎(さがみ・ゆうじろう)
演出家・デザイナー。1982年生まれ、福井市出身。2000年より映画制作を始め、国内外で作品を発表。2004年より舞台作品の創作を開始し、大学在学中に発表した映画『穴る』、演劇作品『SM』が共に大学卒業制作で最優秀賞に選ばれた。2009年には伊丹市の70歳以上の地域住民との共同作業による舞台『DRAMATHOLOGY/ドラマソロジー』を伊丹市アイホールにて上演。同作品は翌年、フェスティバル/トーキョーに正式招聘され再演される。その他の作品に『中平卓馬/見続ける涯に火が…』(2011年)『先制のイメージ』(2012年)『天使論』(2012年)など。 http://www.sagami-endo.com/


チラシを表示する
オモテ(pdf 753KB) / ウラ(pdf 660KB)

参加者募集チラシ
オモテ(pdf 225KB) / ウラ(pdf 415KB)


●主催・企画・製作
NPO法人福井芸術・文化フォーラム

●協賛
(公財)げんでんふれあい福井財団

●後援
福井市教育委員会、(公財)福井県文化振興事業団、福井県高等学校演劇連盟、福井新聞社、NHK福井放送局、FBC福井放送、福井テレビ、FM福井、福井ケーブルテレビ・さかいケーブルテレビ、福井街角放送、月刊URALA


アーカイブを見る